今日は、4人に1人が悩んでいる花粉症について話します。

まず花粉症は免疫機能の過剰な反応が原因。

花粉症対策で大切なことは、毎日の生活習慣を見直すことです。花粉に接する機会を減らし粘膜を刺激する酒、タバコを控える。

そのうえでストレスや疲れをためない規則正しい生活を心がける。食生活においては、野菜や果物を十分に摂る。

野菜、果物、お茶類には、花粉症の発症原因の1つである活性酸素から体を守るビタミンCやカロテン、ポリフェノール、カテキンなどが豊富に含まれているためぜひ意識して摂りましょう。

免疫機能を整える栄養成分

甜 茶 :  アレルギー反応を引き起こすヒスタミン生成を抑制する。

紫 蘇 :  炎症を誘発する酵素の働きを阻害。

ケール :   花粉への反応を緩和し皮膚や粘膜を保つ。

DHA   :   炎症を起しやすくする物質の産生を抑える働きがある。

これらを取ることでだいぶ症状は緩和できます。

後はお茶もいいんです!

花粉症の季節になると花粉症対策に色々なお茶が話題に上がりますが、その中でも実際に効果が期待されるものを次に取り上げました。
緑茶、

緑茶に含まれるカテキンは花粉症にも効果があることが分かってきました。

しかし効果を得るためには大量に飲む必要があります。大量飲めない人はうがいに利用したり、カテキン成分を抽出したサプリメントで摂取する方法もあります。

甜茶、

甜茶は花粉症対策としては最もポピュラーなお茶で、耳鼻咽喉科臨床学会でも抗アレルギー効果が報告されている効果の高いお茶です。

甜茶に含まれる甜茶ポリフェノールという成分がヒスタミンの分泌を抑え、花粉症のみならずさまざまなアレギーに効果を発揮します。

甜茶には種類がいくつかあるため、甜茶ポリフェノールが含まれているか確認して選ぶことが大切です。テレビなどで取り上げられた人気のお茶、"べにふうき"も花粉症対策に効果が期待されています。

べにふうき(紅富貴)は、

花粉症に効果があるといわれているメチル化カテキンを多く含む緑茶です。静岡県の野菜茶業試験場でもその効果が証明されています。

このお茶は日本の「べにほまれ」と中国の「ダージリン」を交配してつくられたもので、抗アレルギー成分のストリクチニンを含んでいます。

実験で"べにふうき"を飲んだ約半数の花粉症患者の症状が改善されたという報告があります。

花粉症に効果のあるお茶は他にも、ドクダミ茶、ハトムギ茶、シジュウム茶、ルイボス茶、そば茶、ヨモギ茶、凍頂烏龍茶、柿の葉茶、タラ葉茶、スギナ茶など数多くあります。

自分に合ったお茶をみつけて毎日習慣的に飲むとよいでしょう。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2014.03.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karadafactoryfujimin.blog.fc2.com/tb.php/195-458f1de2