こんにちは。

カラダファクトリーソヨカふじみ野店田尻です。

今回は右脳と左脳について書きます。

一般的に右脳はものごとを直感的にとらえると言われています。

感覚、直感、イメージ....etc.などがこれにあたります。

学校での教育は論理的にものごとを考えることに比重を置かれているため、

あまり注目されてきませんでしたが、実はこの右脳にこそ、潜在的な能力を引き出す鍵があるとして、

最近本などが出版されたりするなど、脚光を浴びるようになりました。

モーツァルト、レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめとした多くの芸術家、

また相対性理論で有名なアインシュタインも、右脳の能力がずば抜けていたといわれています。

エジソンの言う、"1%のひらめき"部分にあたるものと言ってもいいでしょう。

このように、未知の力を右脳は秘めているのです。

この恐るべき能力を秘める右脳を鍛えることにより、あなたに新しい道が開けてくることもあるでしょう!

次に左脳です。

左脳の働きとは?

一般的に左脳はものごとを論理的にとらえると言われています。

論理、分析、計算...etc.などがこれにあたります。

学校教育の場面ではこの能力を高めることに重きを置かれていると思われますので、

この能力は自然と鍛えられてきているのではないでしょうか?

もちろん、ものごとにはこうした能力は必要不可欠な要素なので重要であるのは言うまではありませんが、

右脳の特徴を考慮すると、左脳だけが大切ということではないことが分かります。

とのことです。
スポンサーサイト
2014.08.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karadafactoryfujimin.blog.fc2.com/tb.php/244-c40bf2af