・「世界中で最も子孫が多い人物はチンギス・ハーン」という話がある
その総数は1600万人と予想されている。

ユーラシア大陸において、とある特殊なY染色体を持った人がいる地域を

挙げていくだけでモンゴル帝国の征服版図とぴったり一致するレベル

チンギス・カンの子孫
2004年にオクスフォード大学の遺伝学研究チームは、DNA解析の結果、

チンギス・カンが世界中でもっとも子孫を多く残した人物であるという結論を発表した。

ウランバートル生化研究所との協力によるサンプル採取と解析の結果、

彼らによれば、モンゴルから北中国にかけての地域で男性の8%、

およそ1300万人に共通するY染色体ハプロタイプが検知出来たという。

この特徴を有する地域は中東から中央アジアまで広く分布し、

現在までにそのY染色体を引き継いでいる人物、すなわち男系の子孫は1600万人にのぼるとされる。

・麺を「すする」という行為は実は非常に高度な作業であるため、訓練しないと身につかない

実際、江戸時代でも蕎麦はもっぱら箸でたぐって食べるものであり、

現在のように威勢よくズズッとすすって食べるのは落語の影響に拠るものとされている 。


・人類の体内では、血糖値を上げる働きをするホルモンは4種類もあるが、

血糖値を下げる働きをするホルモンはインスリン一種類しかない 。


・人類史上、最も短期間で最も読まれたベストセラーは『星の王子様』

人類3大ベストセラーは『聖書』、『資本論』、『星の王子様』である 。

・喫煙の習慣は、当時の文明の伝播スピードとしては異例の早さである100年で地球を一周した

だが、梅毒は20年で地球を一周した。


・古代ギリシアでは、地球の大きさも、月の大きさも、太陽の大きさも知られていた

エラトステネスが計算して導き出している。

地球の大きさ

エラトステネスの有名な地球の大きさの測定は、

経緯度を用いて距離を正確に表そうとした地図の作成に端を発している。

エラトステネスは、図書館で入手できた膨大な情報を元に、当時の世界地図の改良を試み、

ロドスの街を基準に主たる緯線と経線を引いた。

エラトステネスは図書館で学ぶうちに、シエネでは夏至の日に陽光が井戸の底まで届くこと、

つまり南中高度が 90°となる(北回帰線上に位置する)ことを知り、

このことにより地球の大きさを計算できることに気付いた。



にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2014.09.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karadafactoryfujimin.blog.fc2.com/tb.php/251-134acf43