こんにちは!

カラダファクトリーソヨカふじみ野店田尻です。

視力について書きます。

まず視力の低下の原因は普段の習慣にあるかもしれません。

最近、裸眼視力が下がり近視が進んでいてという方、

あなたの生活習慣が、近視を進行させているかもしれません。

近視の場合には、何と遺伝的要因が10%、残りの90%は生活習慣が原因となっている。

・姿勢が悪い

姿勢の悪さが視力低下に繋がるというのは意外と知らない人も多い原因のひとつです。日ごろから注意しましょう。

視力が低下することと、姿勢の悪さというのは深く関係があります。

目筋のバランスが崩れたり、姿勢が悪い状態が当たり前になる習慣が身につき、近視を加速させてしまいます。

机に顔を近づけて勉強を続けたりすることも、

同じ距離のものを見続けるのでピント調節が上手に出来なくなってしまう原因に。

・長時間のパソコン作業やテレビ視聴

視力低下の大きな原因のひとつが“目の使い過ぎ”

長時間近くの1点だけを見つめすぎていると目の周りのレンズを、

調節している筋肉がこってしまいピントを調節し辛くなります。

集中しているとまばたきの回数も減り、しかもずっと同じ姿勢で見ていると、

毛様体筋という目の周りの筋肉が硬直したままになり、この筋肉が弱ってしまいます。

・寝転がってテレビや本を見る

目の視力に左右差ができる大きな原因の一つに、テレビを斜めから見ていたり、

本やゲームを寝なが読んでいる習慣があることがあげられます。

寝転んでテレビを見たりすると、見ているものへの距離が左目と右目に差が生じて、視力に左右差が現われます。

こうした習慣は乱視の原因にもなりますので、注意が必要です。

・ストレスがたまっている

ストレスを抱えた状態で勉強やパソコンで仕事をすると視力が低下しやすくなる。

「心因性視力障害」と呼ばれるもので、眼球や視神経には問題がなくても、

脳に負担がかかることにより、ストレスで視力が低下する。

目は自律神経によってコントロールされているので、ストレスによって

自律神経失調症などを発生した場合、その影響を受けて視力が低下してしまう。

・メガネやコンタクトが合っていない

メガネやコンタクトの度が合っていなかったりする事が原因で視力がさらに低下していく。

全然見えないのにメガネやコンタクトレンズしないというのはむしろそちらのほうが

目を疲れさせてしまいますし、とてつもないストレスになる。

・呼吸が浅い

呼吸が浅いと、取り込める酸素の量が少なくなり、血液中の酸素濃度が低下していきます。

酸素の量が減ると、体内の細胞の動きも鈍くなります。目の筋肉の細胞も同じです。

「酸欠」になると、毛様体の筋力と水晶体の弾力が失われることから、近視や老眼が加速します。

以上の6つが視力低下のおもな原因です。

なので日ごろから目を休める習慣をつけよう。

たとえば1時間に1回は、近くから目をはなし、10分くらい遠くを眺めてみる。

普段の私生活や職場での環境が視力低下と深い関係があるので、

幼い頃から一定の間隔で目を休める癖をつける必要がある。

そうすることで視力低下を防ぐことが出来ます。

↓↓ホームページはこちら↓↓
カラダファクトリーのご利用が始めての方は・・・

☆★お得なクーポン★☆





トータル整体・骨
盤サロンカラダファクトリー







スポンサーサイト
2014.11.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karadafactoryfujimin.blog.fc2.com/tb.php/284-8213d7e2