こんにちは!

産後・骨盤矯正のカラダファクトリーの田尻です。

今日は、枕元に置くといいものを書きます。

生活が不規則で眠りたいときにになかなか寝付けなかったり、肌や髪・体の健康のために、

睡眠を取ることが大事なのがわかっているのに、なかなか眠れない夜があると思います。

そこで、枕元や寝室に置くだけで、ぐっすり快眠を手に入れることができる物。

質の良い睡眠は非常に大切。

肌や髪、体の健康のために、質のよい睡眠を取ることが大事だというのは今や常識です。

しかし、「最近生活が不規則で、しばらく熟睡できていない…」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

実は枕元に置いてある物によって、よく眠れたりあまり眠れなかったりすることがあるのです。

これより、枕元に置くと良く眠れるものをご紹介します。

・たまねぎ

昔から世界各国では民間療法としてスライスした玉ねぎを枕元に置いて安眠を促したそうです。

玉ねぎがもつ特有の刺激臭は硫化アリルといい、ねぎ特有の辛み成分です。

硫化アリルには、血行促進、自律神経や脳神経を鎮める効果があります。

枕元に置く玉ねぎは、ほんのり香りがする程度の場所に置くことがポイント。

匂いが強いとかえって眠れなくなるなど逆効果になってしまうので気をつけてください。

・りんご

よく眠れないときは、枕元にりんごを置くといいようです。

りんごの香りには安眠・熟睡の効果があり、疲れやけが、病気の回復力を高めてくれます。

もし食べてないりんごがあれば、枕もとに置いておいてはいかがでしょうか?

・ 木炭

木炭は、快適な睡眠をもたらしてくれる作用を持っています。

木炭は非常に大きな表面積を持ち、その表面積に臭いの分子を吸着させたり、湿気を吸着させたりしてくれます。

これによって、寝室を常に快適な空間にしてくれます。

また、木炭からはマイナスイオンも放出されており、それが細胞を活性化させて、気持ちもリラックスさせてくれます。

・ラベンダー

寝つきが悪い人は、寝床につく1時間前に、ラベンダーの精油を2~3滴、

ティッシュペーパーやハンカチにしみ込ませましょう。

眠るまでに時々香りをかいで、布団に入るときには枕元に置いて眠ります。

ラベンダーの香りに含まれている酢酸リナリルが、神経の興奮を鎮めてグッスリ眠らせてくれるでしょう。

・オレンジアロマ

アロマオイルは、眠りを深くするのに効果的。

特にオレンジのアロマオイルはおすすめです

フレッシュな香りのスイートオレンジのアロマオイルは、ストレスをやわらげて疲れた心を深くリラックス。

深い眠りで体を癒してくれます

アロマオイルがなくても、生のオレンジをそのまま枕元に置くのも良いでしょう。

ゆっくり深呼吸しながら香りも楽しめば体も深い睡眠モードになります。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


↓↓ホームページはこちら↓↓
カラダファクトリーのご利用が始めての方は・・・

☆★お得なクーポン★☆





トータル整体・骨
盤サロンカラダファクトリー








スポンサーサイト
2015.01.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karadafactoryfujimin.blog.fc2.com/tb.php/312-fcccb413