こんにちは!

産後・骨盤矯正のカラダファクトリー田尻です。

今回は、白ワインの嬉しい効果を書きます。

ポリフェノールで有名な赤ワイン。

アンチエイジングにも効果的な赤ワイン 。

ワインと言ったら、やっぱり赤?!

健康飲料のイメージになりつつある赤ワイン。

好きな方も多いですよね。

ポリフェノールがたっぷりと含まれている赤ワイン。

世間一般的には飲むなら赤ワインが良いって言われている。

赤ワインの抗酸化作用でニキビ、しみ、お肌の老化を撃退。

・白ワインだって負けてないぞ

白ワインにも様々な効果がある!

赤ワインの健康・美容効果は有名ですが、白ワインだって負けていません。

ワインの美容効果は赤だけじゃない。

白ワインも負けないくらい美容や健康に効果がある。

白ワインにもポリフェノールが含まれています。

・「赤ワイン」と「白ワイン」の違いを知っておこう

赤・白、効能の違いは製法にあった!

ポリフェノール、蒲萄の種や皮に多く含まれているため、赤ワイン=美容に良いと言うイメージが定着しました。

赤ワインは黒ぶどう、白ワインは白ぶどうから作られています。

白ワインはぶどうの皮や種を除いて絞り取った果汁だけで作りますが、

赤ワインは、皮や種と一緒にして果汁を絞り取り、皮や種のエキスをぶどうの果汁に染み出させて作ります。

赤ワインの渋味や苦みは、皮や種からでる成分(タンニンなど)による所が大きい。

このタンニンが赤ワインを長期保存に耐えうるものにしてます。

ブドウの風味を楽しみたいのであれば、不純物を最初から除去して実だけを発酵させた白ワイン。

白ワインが持つ健康・美容効果がすごいって知ってましたか?

・デトックス効果

デトックスには断然、白ワイン。

この効果は、赤ワインよりも優れています。

ワインでデトックスが出来るなら簡単で嬉しいですよね。

体に溜まった毒素を排出するデトックス効果には白ワイン。

何がデトックス効果を高めるのかと言うと、白ワインに含まれる有機酸。

これがたっぷりと含まれ、腸内細菌のバランスを整えてくれる。

・便秘解消に効果的

白ワインに含まれる成分の「有機酸」は、お酢やクエン酸、リンゴ酸など、

酢の性質を持つ、すっぱい成分のことを言います。

ビールやサワー中心だったお酒を白ワインに変えてみませんか?

腸内環境を整える働きがある、肌の大敵である便秘解消に効果的。

白ワインの“有機酸”が頑固な便秘を解消

有機酸は腸内のpHを下げ弱酸性に保ちます。

それにより、善玉菌だけを腸内に残し、悪玉菌を殺します。

腸内のバランスを良好に保ち、便秘や下痢を防ぐだけでなく、大腸癌までも予防する。

白ワインを飲むことでお通じが出やすくなります。

利尿作用、むくみ解消、余分な水分や老廃物を排出する。

女性の悩みでもある「むくみ」を解消してくれる白ワイン。

余分な水分や老廃物が抜ければ新陳代謝も高まります。

利尿作用を促し、体内の毒素を排泄させる効果があります。

カリウムがたっぷり含まれていて、むくみの原因であるナトリウムをどんどん排出してくれる。

新陳代謝が活発になり、余分な水分や老廃物を排出。

・ダイエット効果も

腸内バランスを整え、便秘解消にも効果的。

毎朝スッキリお通じが出るのは嬉しいですよね。

身体の新陳代謝を促し、肥満の防止にも効果があります。

痩せやすい体になっていくのが白ワイン。

白ワインに変えませんか?お酒でも体に付く脂肪は変わってきます。

・冷え性予防、血行促進、骨を強くする効果も

女性に嬉しい効果がたくさん詰まっています。

カルシウムとマグネシウムのバランスがいいと血行も良くなるので、冷え性の人にもおすすめです。

カルシウムとマグネシウムは、お互い助け合って血行を保っているため、血行が良くなり冷え取りに繋がります。

余分なナトリウムを排出することで、血圧を下げる効果もある。

白ワインにはカルシウムとマグネシウムが同じくらい含まれているのです。

このミネラルバランスの良さが骨粗鬆症予防になる。

・優れた殺菌効果

食中毒も防いでくれる白ワイン。

殺菌作用が強く、サルモネラ菌や大腸菌をはじめとする菌に有効。

白ワインは飲みながらにして悪玉菌を作らないようにする優れもの。

殺菌作用が非常に高いので、生の魚料理などと一緒に飲む。

・飲み過ぎは禁物!

グラスで1~2杯の適量をおいしく飲もう。

料理や会話とともに楽しもう!

飲み過ぎはNGです。

毎日適量と飲むことで効果を発揮してくれます。

ワイングラス約1杯で十分効果があります。

飲みすぎはよくありませんが適量は、1日にワイングラス1〜2杯(150〜250ml)程度と言われています。

ワインにはアルコール度数が12〜14度あります。

からだに良いからと言っても、飲み過ぎると酔いが回りやすいのもワインの特徴。

辛口や甘口もあるので、自分の好みの白ワインを見つけましょう。

冷やしたほうが酸味が引き締まり、フレッシュな味わいが強調。

食事中に摂取するとアルコールによる負担を軽減させる。

白ワインにフルーツを入れて飲むと飲みやすく、おいしい。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2015.01.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karadafactoryfujimin.blog.fc2.com/tb.php/313-081c0fd3